この動画が面白い!リポDのジェネレーションギャップ

ファイト一発!で決まるケイン・コスギの大正製薬のリポビタンDのCM

今回はチト違います。


ケイン・コスギもいつもの顔とは違って見えますし、Generation gap の発音もネイティブ風。お父さんのショー・コスギさんを思い出しました。

実はこのCMを最初に見たのは

ネット記事でした。

ニュースも新聞でもテレビでもなくスマホに配信されるYahoo!ニュースです。

見に行くではなく「配信」されるというようにいつのまにかなっています。これはパソコンとも違います。ということはプルからプッシュメディアに変わっているということですね。

気がつかない間にこんな変化が起こっているわけです。

そして次の情報行動にも変化が見られます。

テレビ時代はぼーっと画面を眺めていましたが、パソコン時代には検索行動をするようになりました。

スマホ時代もはじめの頃はアプリで情報を見るだけでしたが今では気がつけば検索をはじめています。おいしい店をInstagramで探したり、twitterでハッシュタグ検索したりします。

そして最近よく聞くのがYouTube検索です。たしかに何かのノウハウを知りたい時は動画の方がわかりやすいのでYouTube検索をします。結構、使っていると思います。

そこで広報マンとしての私が注目しているのがYouTuberと呼ばれる人の動きです。

特にこれからYouTuberになろうとしている人が成長して行く過程です。路上ミュージシャンがプロデビューしていくように、YouTube上で視聴者数を稼ぎ、チャンネル登録者を増やしてYouTuberになろうと努力する人がいます。

私も拡散という仕事で何人かの卵の人を後押ししています。

ハヤト HAYATO」というチャンネルです。

まだチャンネル登録者は16人(2017年9月3日現在)で本当に始まったばかりです。

王道の一つ釣り動画、そして別チャンネルでゲーム動画をやっています。

こういうチャレンジを応援しながらYouTubeの拡散の仕組みを検証していくのは勉強になります。

これが今のところ多くのビューを獲得している動画です。ただビュー数は実は同じ人が何度でも見て数字をあげることができるのであまりあてにはできません。

(グーグルに聞いてみた! YouTubeの再生回数が301回で止まる理由(動画) | ギズモード・ジャパン https://www.gizmodo.jp/assets/common/img/GIZMODO_OGP.png )

ただこの動画は2000回を超えていますので人気の動画といえるでしょう。

⬇️

この動画を足がかりにチャンネル登録数を増やしたいところです。

これからしばらくYouTubeによる拡散の検証にお付き合いください。

Social広報ブログ

個人や小さなshopを応援します。その思いを伝えます。これが伝わることで動きが広がります。夢がやがて形あるものになっていきます。そういうソーシャルな動きを伝えるブログです。運営は「ThinkUp・シンクアップ」(旧屋号 ソーシャルメディア森田広報社)がお届けします。

0コメント

  • 1000 / 1000